カメラマンのイメージは?

カメラマンのイメージは?

一般的にカメラマンはどのようなイメージを持たれているのでしょうか。

そしてそのイメージは果たして合っているのか。

調べてみるとこんなイメージを持たれていることがわかりました。

一般的なカメラマンのイメージとその現実は?

世の中の人々は、カメラマンにこんなイメージを持っているようです。

長い下積みがある

確かにカメラマンになるには、長い下積みがあるイメージはありました。

今でもその文化はあるようですが、写真家であったり、本業としてカメラマンをしている人のようです。

カメラマンになるには資格はありません。

だからこそ弟子としてその技術を盗むというのが文化のようです。

ですが資格がないからこそ、プロになるための方法は様々なのではないでしょうか。

独学でプロになる人もいるようですが、今ではカメラスクールに通って技術や知識を身に付け、そこからプロとして働く方が多い時代です。

ただ独学であろうとカメラスクールであろうと、数年かかるのが実情なのには変わりありません。

トータルで考えて、やはりプロカメラマン養成講座が一番の最短ルートだと思います。

30日間でプロデビューできるスキルや知識を学べるのはここくらいです。

どこと比較しても最短でプロデビューできて、必要な内容を濃縮して学べるのはプロカメラマン養成講座だけだと断言できます。

オシャレ・個性的な人が多い

私もこのイメージがありました。

カメラマンって個性的なオシャレさんが多いイメージです。

橘田先生も個性的なオシャレさんなので、“THE カメラマン”という感じがします。

どうしてカメラマンはオシャレな人が多いかと言うと、オシャレな人やオシャレな写真を撮影するからです。

カメラに収めたいものって、美しいものやオシャレなものですよね。

そういうオシャレなものと常に触れ合っている分、自分の美意識も高まっていきます。

なのでカメラマンにはオシャレな人が多いのだと思います。

難しい専門知識を持っている

カメラは専門用語も多いので、どうしても難しいイメージがあると思います。

確かにカメラには専門知識が多いのは事実です。

特殊なお仕事なので、これは当たり前の話だと思います。

けどやってみればそれはすぐに慣れる話です。

難しいと思い込んでいるだけで、やってみれば意外とすんなり入ってきます。

固く考える必要は全くありません。

TOPページを見る